冷凍車の販売を、してくれます。

魚や貝類、イカやタコなどの魚介類や、新鮮なお肉、アイスクリームやケーキなどを運搬するには、適切な温度管理をする必要があります。産地の鮮度を保ったり、美味しさを維持するためには、冷凍車は欠かせません。それらを購入するためには、専門の販売業者を探す必要があります。インターネットの専門サイトには、さまざまなタイプの冷凍車を、販売している企業が掲載されています。とても大きなタイプや、小回りのきくコンパクトなタイプまで、さまざまな種類があり、用途別に選ぶことが出来ます。運搬したい商品に合わせて、車を選ぶことが出来、利便性をアップすることが可能です。仕事で使用する冷凍車は、しっかりとした性能を持ち、安心して利用できることが大切です。信頼できるメーカーが製造したものを選ぶことで、クライアントの期待に応えることが出来る、仕事を実現することが叶います。

冷凍車の販売について

冷凍車は特殊車両であり、外部と内部の間に断熱材を使うことによって温度変化を和らげます。これにより、輸送の際の温度を保つ包装が不要となります。更に、冷蔵から冷凍まで温度を自由に調整できる車両も販売しています。この車両がなければ、生鮮食品の品質を保ちつつ輸送をすることは出来ません。冷却効果は極めて高く、最大マイナス25度まで下げることが出来ます。通常の車よりも冷却設備を搭載しているため、車両の値段が高めに設定してあります。目的に応じて車両の大きさを選択して下さい。また、冷凍車であれば、他のトラックでは生鮮食品を運ぶことができないような夏の暑い日であっても対応することが可能です。他にも、エンジンを止めた場合であっても温度管理することが出来るといったことが大きな特徴と言えます。ぜひ、理想の冷凍車両を見つけて下さい。

エンジンを切っても動作する冷凍車販売なら安心です

特殊車両の冷凍車はマイナス20度くらいまで冷やすので、冷凍食品やアイスクリームなどを凍らせるのに適しています。要冷蔵の場合はプラス5度くらいまで冷却する車でも充分ですが、冷凍食品を配送するなら低温仕様になっているトラックがあると便利です。メインエンジンから電気を取っているタイプだと、駐車するときにエンジンを切ってしまうと冷却が止まってしまうタイプもあります。電力は別系統から取っているタイプなら常に冷却機能が動作しているので、サブエンジンが付いてる方が良いでしょう。一般的に特殊車両はディーラーでは販売されていないので、冷凍車専門の販売店で探します。大きさは軽トラックからあるので配送する量に合わせて選べます。メーカーから販売プランがそれぞれ出ているので使用状況に合わせて選べます。リースで利用する方法もありますが、長期間使うのであれば購入した方が得です。

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ